疲れたふくらはぎを癒す温熱シート ロッテ ホカロン 6枚入 人気商品 足湯時間 ダイエット・健康 , 健康グッズ , カイロ , 使い捨てカイロ , 貼るタイプ(粘着剤付),283円,e-cassare.org,足湯時間,疲れたふくらはぎを癒す温熱シート!,ロッテ,/Ancylopoda3211402.html,ホカロン,6枚入 ダイエット・健康 , 健康グッズ , カイロ , 使い捨てカイロ , 貼るタイプ(粘着剤付),283円,e-cassare.org,足湯時間,疲れたふくらはぎを癒す温熱シート!,ロッテ,/Ancylopoda3211402.html,ホカロン,6枚入 283円 疲れたふくらはぎを癒す温熱シート! ロッテ ホカロン 足湯時間 6枚入 ダイエット・健康 健康グッズ カイロ 使い捨てカイロ 貼るタイプ(粘着剤付) 疲れたふくらはぎを癒す温熱シート ロッテ ホカロン 6枚入 人気商品 足湯時間 283円 疲れたふくらはぎを癒す温熱シート! ロッテ ホカロン 足湯時間 6枚入 ダイエット・健康 健康グッズ カイロ 使い捨てカイロ 貼るタイプ(粘着剤付)

疲れたふくらはぎを癒す温熱シート ロッテ セール品 ホカロン 6枚入 人気商品 足湯時間

疲れたふくらはぎを癒す温熱シート! ロッテ ホカロン 足湯時間 6枚入

283円

疲れたふくらはぎを癒す温熱シート! ロッテ ホカロン 足湯時間 6枚入





疲れたふくらはぎを癒す温熱シート!
「ふくらはぎ」に貼るだけでじんわり温まる、血行を良くし疲れをすっきり解消する温熱シート!
浴槽でゆっくり入浴する時間が、十分とれていない。でも本当は、入浴で疲れを癒したり、リラックスしたい、血行を良くしたい方へ。
まるで足湯につかったように軽やかな気分に導きます。
●開封するだけで温まる、ふくらはぎ用の温熱シート(一般医療機器・家庭用温熱パック)
●温熱効果(・血行を良くする・疲労回復)
●年中使える、熱くなりすぎない、じんわり約41度、約5時間持続(38度以上保持する時間)
●直接肌に貼るタイプ
●気持ちが和らぐピンク色のやわらかシート
●持ち運びやすいコンパクトサイズ

個装サイズ:98X132X30mm
個装重量:約123g
内容量:6枚入

ケースサイズ:43.7X18.9X28cm
ケース重量:約5.7kg

【一般医療機器】
家庭用温熱パック
届出番号:13B3X00548070302

【効能・効果】
温熱効果
(1)血行をよくする
(2)疲労回復

【サイズ】
7.0×9.5cm

【使用方法】
(1)はくりフィルムをはがして、もまずに幹部に直に貼ってください
(2)1日1回6時間を限度としてご使用ください
(3)就寝時は使用しないでください

【注意】
★してはいけないこと
1.次の方は使用しないでください
(1)本品を自分ではがすことのできない方
(2)手や足に血行障害のある方
(3)糖尿病の方
(4)温感が低下している方
(5)幼児・小児
(6)高齢者
2.次の部位には使用しないでください
(1)顔面、粘膜
(2)打撲、ねんざ等による熱、腫れ等の炎症部位
(3)湿疹、かぶれ、傷口、薬を塗った部位
3.一度使用したシートは再使用しないでください
★次の方は医師又は薬剤師に相談すること
(1)今までに薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある方
(2)使用中及び使用後に皮膚に次の症状があらわれた方(使用中の場合は直ちに使用を中止する)
症状:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、刺激感、低温やけど、皮膚剥離
(3)妊娠中、発熱、及び炎症性疾患の方
(4)医師の治療を受けている方
★低温やけど防止のための注意
(1)ベルトやサポーター、椅子等で押し付けて使用しないでください
(2)着圧ソックス、スキニージーンズ、ロングブーツなどふくらはぎを強く締め付ける衣服は着用しないでください
(3)貼付部位を下にして横になる、足を組むなどして長時間押し付けて使用しないでください
(4)こたつ、寝具の中や暖房器具の近くでは使用しないでください
(5)お尻など感覚の鈍い部位では特に低温やけどを起こしやすいので注意してください
(6)熱すぎると感じた場合、かゆみ等の異常を感じたら、すぐに使用を中止してください
(7)皮膚の特に弱い方は同じところに続けて使用しないでください
(8)時折、肌の状態を確認しながら使用してください
★その他の注意
(1)発熱剤が肌に触れた場合は洗い流してください。目に入った場合は、こすらず十分に洗い流し、医師の診断を受けてください
(2)本品を食べたり、なめたりしないでください
(3)水などで濡らさないでください

疲れたふくらはぎを癒す温熱シート! ロッテ ホカロン 足湯時間 6枚入

閉じる

イリーゼが低価格で安心のサービスを提供できる理由

理由① 自社開発費用を少なくすることで、お客様への初期費用のご負担を少なく

「退院後、急ぎで入居できる施設を探したい」など、介護でお困りの方の初期負担をできるだけ抑えたい想いから入居金0円にしております。

イリーゼの想いと実績に賛同いただいたオーナー様に建物を建てていただくことで、自社開発費用を少なくし、お客様のご負担を少なくしました。 これらの結果、全国で100以上の施設を展開。その信頼とお客様のご支持により、イリーゼを運営しております。

※一部施設には前払い方式のプランもございます。

理由② 高い入居率をキープすることで、安定した運営を実現

ご利用しやすい月額利用料にすることで、空室をできるかぎり少なくし、約90%の入居率をキープしております。入居率の高い安定した運営を行うことにより、介護が必要な方でも安心できるホームを低価格でご利用できます。

よくあるご質問

Q料金が安い分、スタッフの数が少なかったり、医療連携や介護サービスの質が低かったりしないか心配です。
A

イリーゼでは、ご入居者さまと介護・看護職員の比率が3:1以上になるように配置(※)しており、ご入居者様に医療連携・介護ともに手厚いサポートを提供しております。

※ 介護付有料老人ホームの場合

気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943

ご希望の老人ホーム・介護施設を探す

イリーゼならご希望沿ったホームつかります

イリーゼのおすすめ

費用負担の重い中・重度の方を支援する「減額制度」がございます!

イリーゼでは、費用負担の重い中・重度の方を支援する料金プランをご用意しております。費用負担を軽減しながら、介護のお金についても"安心・安全な介護"をサポートいたします。

詳しくはこちらから

お身内の「身元保証人」がいらっしゃらない方のご相談、歓迎します!

イリーゼではご入居時の身元保証からご入居後のサポート、身柄お引き受けまでご相談に合わせた様々なサービスをご紹介させて頂き、スムーズなご入居をご支援させて頂いております。

詳しくはこちらから

よくあるご質問

Q入居条件はありますか?
A(a)原則65歳以上の自立の方から介護が必要な方までがご入居いただけます。一部異なる施設もございます。(b)65歳以下であっても、介護保険証をお持ちの方で、介護等級の欄に「要支援」・「要介護」と記載されているお客様は、ご入居いただける場合がございますのでので、お気軽にご相談下さい。
Q外出、外泊はできますか?
Aお散歩、お買い物、外食等、外出、外泊は可能です。外出付き添いの援助が必要な場合は、ご相談ください。

お店からご自宅まで、季節を問わず、様々なシーンでご利用いただける商品です。ちゃわん お茶碗 飯碗 ご飯茶碗 白米 人気 おすすめ 食器 業務用 ☆ 飯碗 ☆厚口大輪菊中平 [ 12.3 x 5.5cm 169g ] | ちゃわん お茶碗 飯碗 ご飯茶碗 白米 人気 おすすめ 食器 業務用 飲食店 カフェ うつわ 器 おしゃれ かわいい ギフト プレゼント 引き出物 誕生日 贈り物 贈答品

知っておきたい介護の知識箱

「要支援」と「要介護」の違い

介護保険を利用して介護サービスを受けるためには、役所から「要介護認定」を受ける必要があります。介護が必要な方をその状況に合わせて5段階に分類したものが「要介護認定」です。

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 30万人を研修したトップトレーナーの心に響くプレゼン / 青木仁志 / アチーブメント出版 [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】
有料老人ホームの種類

有料老人ホームは大きく分けて、住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの2種類があります。

詳細はこちら
介護保険サービスの利用の流れについて

日常生活に介護や支援が必要と感じたら、市区町村の窓口に要介護・要支援認定申請書と介護保険の保険証(第2号被保険者は医療保険の保険証)を添えて、「要介護認定」の申請をします。

詳細はこちら
認知症とは

認知症とは、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいいます。高齢者人口の増加の急増により、認知症の患者数が増えています。65歳以上の高齢者のうち、15%にあたる462万人が認知症患者で、加えて400万人が認知症に進む可能性のある予備軍であると推定されます。

詳細はこちら

知っておきたい介護の知識箱をもっと見る

気になる点のご相談などお気軽にお電話ください。

0120-12-2943

受付時間 平日9:00~18:00 土日祝日9:00~17:00

お悩みなど、介護のプロに
なんでもご相談ください

電話をかける
0120-12-2943